広報の日常業務で困ったことや緊急時などに役立つ、広報担当のお助けコンテンツ。また、体系的に学びたい方は、メディア・ソリューションの広報セミナーを。

広報業務Q&A

緊急! お助けQ&A

緊急時の対応は、まずは事実の全面把握、そして情報の一元化に注力しましょう。内部対応を迅速に行い、早めの外部公表をしましょう。

記者会見、記者発表会を行うには?
緊急なのか事前準備が可能な案件なのか、ポジティブ、ネガティブ案件なのか、各案件状況によって適切な方法は、異なるでしょう。発表する目的、内容の主旨、適切な登壇者の選出などを検討しておくが必要です。
情報の漏洩事件が起きたら?
初期対応がポイントです。事態の正確な情報収集、事実確認を行い、早急に社内に危機管理対応委員会を発足させ、対応策の検討を開始しましょう。
内部告発の報道が出たら?
早急に事態の正確な情報収集、事実の把握をしましょう。社会的視点を持った情報開示を行うことを忘れずに。
社員の不祥事が起きたら?
不祥事の規模、内容にもよりますが、まずは事実の究明に専念しましょう。法的措置になったとしても、再発防止の徹底、社会からの信頼回復に努めるべきです。
自然事故災害が起きたら?
緊急連絡網を活用し、全社員、各関係者の安否を確認、営業所などの拠点の状況確認などを行いましょう。直接の被害が無くとも、今後の緊急時対応策としてシミュレーショントレーニングを行っておくと良いでしょう。

より詳しい内容はお問い合わせください
  • あなたの会社の広報活動力診断
  • 広報のスペシャリストになるために
MediaSolutionの役割
  • メディアソリューションから皆様に提供できるサービスです
  • コンサルティング
  • クリエイティブ
  • セミナー